FC2ブログ

まとめてみた

ふと思いついて、Myspace上のお気に入りアーティストをまとめたページを作ってみました。
プロフィールのとこの「お気に入り」から当該ページへ飛べます。
自分的に便利そうなので作ってみましたが、音楽的な自己紹介の代わりにもなればいいなぁ。
しかしそういう観点からみた場合、初っ端から非常に聴きにくいものを集めてしまったようなw

意外と時間を食うので今日はこの辺にしときますが、暇があるときにちょこちょこ増やす予定です。
興味のある方は是非聴いてみてくださいねー。
スポンサーサイト



雑記:5月14日

WJ連載中の「黒子のバスケ」に古武術を取り入れたチームが出てきました。
一見トンデモに思えますけど、これ実際にあった話なんですよね。
結果、インターハイ出場など実績も残したので一時期話題にもなりました。

ただ、これをマンガで取り上げたのってこれが初めてじゃないんですよね。
乳首券で有名な瀬尾公治先生のマガジン初連載となった「CROSS OVER 」にて、主人公の所属する高校が古武術の動きを取り入れています。
それがあったので、今週のジャンプを読んだ時は「ちょっと際どいんじゃないかなー」なんて思ったり。
相手高校だとはいえ、ネタの被り方が個人的にはよろしくない気がしたんですね。
しかもあっちも大手であるマガジンで連載していた訳で。でもまぁ、あっちは打ち切(ry

しかし今週の掲載順見ると、「フープメン」が危なそうですねー。
やっぱりバスケ漫画が二本連載というのも難しいみたいです。
どうしても住み分けが難しくなりますからね。
アンケート主義のジャンプだとなおさらに。

※マガジンやサンデーを見渡すと野球漫画なんかが共存してますが、これは描いている主題が違う為に住み分けができているというのが大きいと思います。あと、プロや高校とフィールドで分けられていたりもしますし。



どちらも設定としては面白そうだとは思うんですが、致命的なのは試合に熱さが感じられないこと。
あまりにもさらりと終わらせてしまっています。
スポーツ漫画の醍醐味としては、やはり試合でドキドキさせて欲しいものですが……。
これは短命に終わった「マイスター」も同様。

その点、アメリカ編でインフレに苦しみながらも熱くなるシーンをしっかり入れてくるアイシは流石だよなぁとも思ったり。

雑記:2009年5月3日

キヨシローが死んだ。


昔、憧れてた先輩とバンドをやれることになって、その先輩が真っ先に持ってきたのが彼の曲でした。

あれは楽しかったな。
演奏は観れたもんじゃなかったのだけれど。

あれは去年の11月だったか、Booker T. & the M.G.'sのライブを観てきた友人が「キヨシローも観に来てたよ!!」と興奮気味に捲し立てるのでこっちまで嬉しくなったものです。
そのときは「ああ、だいぶよくなったんだな」って安心したのだけれど。

どこかで、死なない人なのだと信じていたような気がします。
来年あたり、普通にアルバムとか出していそうな……。

こっちはどうにもなりませんが、そっちはどうですか?